「めんどくさい」がなくなる本

2016/04/23 19:00
前に書いて途中で「めんどくさく」なって止めた(書いたノート紛失)過去記事を読むのすら「めんどくさい」から読んでない リベンジです。(もう負けそう)幾つか内容を紹介後、感想書きます。 「意志の力」がもつのはだいたい3日と言われています。(p25)なら「めんどくさい」からやめてても仕方ないね(言い訳)行動のプロセス自体を楽しめないと意味がないようです。 そして行動を起こすのにやる気やモチベーションは関係ない。ただ、自分を正しく動かすコツを知らないだけ・・・と『めんどくさ..

続きを読む

③自分の才能の見つけ方 感想など

2016/04/21 01:00
最期 才能を活かした活動を探すことが大切。才能の周囲にある活動=本田健の考える仕事の形(p112)好きなことを「する」好きなことを「教える」好きなことを「人に話す」好きなことをグッズにする好きなものを「売る」好きなことを「広める」好きなことを「教える」好きなことを「組み合わせる」好きなことをやっている人を「プロデュースする」好きなことをやっている人に「サービスを提供する」才能そのまま仕事にしたり、表現する。また、エッセンスなどを本や記事にすることで同じ才能を持った人に気づい..

続きを読む

②自分の才能の見つけ方 感想など

2016/04/21 00:00
続き。 才能の見つけ方 ▼ネガティブな方面からのアプローチワクワクすることなどのポジティブな方向以外での才能へのアプローチ法。 自分が感じるネガティブな感情にとことん向き合っていくと、自分の中に眠っている才能を見つけることができる。(p132)例えば何かにイライラしたとき、「もっと味はこうあるべき」「自分ならこうしていた」など別に興味も無かったら気にしないような事が気になる場合はそれに関しての才能があるかもしれないそうだ。とても苦しいところにいかなければならない、という..

続きを読む

①自分の才能の見つけ方 感想など

2016/04/20 19:00
人生最大の問い「自分は誰なのか?」(p43)自分の才能についてアプローチをする本です。そもそも才能ってなんだろうって話や、才能を見つけた後にすべき行動など才能についての考えが記述されてます。基本的に3つの言葉、7つの誤解など数字で例が出てきますね。 ・才能をつぶす3つの言葉(p25~)世間では通用しない経済的に成り立たないおまえにはどうせ無理いづれも言われたことがある人も、いらっしゃるのではないでしょうか。特に3つ目の破壊力は抜群。こういった言葉は無視してしまいましょう..

続きを読む

『「めんどくさい」がなくなる本』その②

2016/02/05 04:37
経済学の本を買いました。電車で眠るのに最適() 前回の続き 2章の途中から 「やらなきゃ」と思わないようにするためには →「やらなきゃ」を「やりたい」「やってもいい」 というふうに変える事が出来れば 「めんどくさい」という気持ちがなくなる。 自分の認識をより自由にすることで気持ちを楽にする。 そうするテクニックが ①「やらなきゃ」を「○○する必要がない」に置き換え、理由をあげて書く。 ②その後、「やらなきゃ」を「やりたい」に置き換え、理由を..

続きを読む

『「めんどくさい」がなくなる本』その①

2016/01/31 22:59
失踪寸前 「めんどくさい」がなくなる本 [ 鶴田豊和 ] 著者:鶴田豊和(行動心理コンサルタント) 心理学って面白いよね。 大学時代1年しかやれなかった。 随分前に読んで、数週間前からノートを書き出し やっと今、アウトプットする。 もう既に読んで1週間を過ぎてるが・・・まぁ続ける事が重要だから問題ないはず。 本に書いてたこと+自分のメモとか、書いてる途中に思ったことも書くので 解釈の間違いとかもあると思います。 ----..

続きを読む

もっと見る