「覚えない記憶術」その4(最後)

▼脳の老化予防と認知症を防ぐには 脳は情報を忘れるようにできているが何かヒントがあれば想起(思い出すことが)できるようになっている。 しかし、認知症は記憶そのものが失われている状態だ。 また、30代をピークに作業記憶の能力が低下していく。これに伴い、ど忘れの増加や注意力・集中力、決断力が低下する。 ど忘れ自体は認知症と関係ない。脳の作業記憶が情報過多によってパニック状態になり引き起こされ…

続きを読む

「覚えない記憶術」その3

後半 ▼精神と記憶 勉強を出来ない理由「勉強が嫌いだから」「すぐに覚えられないから」「ゲームとかの方が楽しい」「生まれつき頭悪いから・・・」など様々な理由があるが勉強に対してのネガティブな考えが記憶力低下に繋がっている。 嫌々勉強すると、記憶に勉強が嫌だという情報だけ残ってしまう。勉強できないから嫌いになるじゃなく、勉強ができないからできなくなる。また勉強を楽しんでやることでドーパ…

続きを読む

「覚えない記憶術」その2

続き 記憶を思い出す(想起しやすくする)方法から 全部は載せないよ ▼アウトプット最強理論 ただひたすら 話す 書く 教える 行動する 実施する 記憶に覚えるようにするためにインプット・・・知識を詰め込もうとすると精神的に辛く感じてしまう。「めんどくさい」と感じてしまう。 ・・・そのアウトプットすら面倒くさいのですが この記事修正中にタブ消しして…

続きを読む